妊婦

妊娠線は予防できる|お腹が大きくなる前にできることとは

早めの対策が大切

妊婦

早めに保湿ケア

クリームやオイルでしっかりと保湿をして、妊娠線対策をしっかりしようという言葉はよく聞きますが、いつから対策を始めると良いのでしょうか。妊娠線の多くは、お腹が大きくなり始める8ヶ月から臨月の時期にできやすくなります。妊娠後期には急激にお腹が大きくなるので、お腹の下部分にすいかのように縦線が何本も入ってしまうことも少なくありません。しかし、妊娠後期に入ってから対策を始めるのでは遅い場合もあります。妊娠線はお腹の膨らみや体重の増加による皮膚の伸びについていけず、真皮が裂けてしまうことによってできます。元々皮膚が柔らかくない人や、痩せ型の人は妊娠線ができやすいとも言われており、早い人ではお腹が少し膨らみ始める4、5ヶ月頃から妊娠線が現れる場合もあります。妊娠線対策は、できればこの4、5ヶ月頃の時期から始めると良いでしょう。この時期にはつわりも落ち着いてくる方も多く、身体にも負担がかかりにくいのもその理由の一つです。まだつわりが継続しており、普段なら気にならないような匂いにも敏感な方は、もう少し様子を見てから、無理のない程度に妊娠線予防グッズを使い始めると良いでしょう。妊娠線予防のクリームやオイルを使って早めに対策をとり、皮膚に水分をしっかりキープしておくことによって、お腹の膨らみにも耐えることができる肌を作ることができます。お腹が急激に大きくなる妊娠後期に向けて、肌の状態を整えておきましょう。

保湿をしっかりして予防

お腹

妊娠線を予防するために最も大切なのは、肌の乾燥対策です。肌の表面だけでなく、内側にも水分が十分に浸透する専用クリームやオイルを使うと良いでしょう。後悔をしないためにも、毎日の定期的なお手入れが大切です。

ほとんどの人が体験

化粧品

妊娠線は半数以上の妊婦さんができます。急に大きくなるので皮膚が対応できなくなってしまうからです。乾燥気味の肌でもなりやすいので、しっかりと保湿やマッサージで伸びやすい状態に最初からしておくことが肝心です。