ウーマン

妊娠線は予防できる|お腹が大きくなる前にできることとは

きれいなお母さんになろう

クリーム

こまめにケアをする

愛する我が子をこの手に抱く日を夢見ながら過ごす妊娠期間中は、幸福感でいっぱいの反面女性の体には様々な変化がおこり女性として戸惑う事も少なくありません。お腹の皮が急激に伸びることによってできる妊娠線もその一つで、一度できてしまえば出産後も消えることはないためしっかりとケアしていきたい点と言えます。妊娠線ができる要因としては、急激な体系の変化に皮が付いていけない事であるため、体重コントロールや保湿ケアが対策の中心となっていきます。同じ妊婦であっても、ケアの有無にかかわらず妊娠線ができる人とできない人がいるように妊娠線の出やすさには個人差があり、アトピーなどの皮膚トラブルのある人や、乾燥肌の人、元々小柄な人や体重が一気に増加した人などがハイリスクと言われています。このような人は、妊娠期間中は気を抜くことなくオイルやクリームなどを使った保湿ケアを十分に行っていく事が望まれます。毎日していたのにある日突然妊娠線ができてしまったという話も珍しくないため、毎日の習慣として取り入れていきましょう。妊娠中にサイズアップするのはお腹だけではないため、バストやお尻、太ももなども気を付けていくとなお安心なので、毎日の習慣にしていきたいものです。また、体重のコントロールも重要であるため、急激にお腹周りが大きくなってくる妊娠後期は特に注意をし、赤ちゃんに必要な栄養は十分に取りつつ自分の体重は8キロ増以内を目指して妊娠生活を送りましょう。