ウーマン

妊娠線は予防できる|お腹が大きくなる前にできることとは

ほとんどの人が体験

化粧品

伸びにくい状態だと割れる

妊娠線ができる人は数多いです。妊娠線は初産の人で3割程度、2人目などすでに前回子どもを産んだ経験がある人だと8割程度にも上ります。実に半数以上の人が妊娠線ができるという報告があります。そして単体ではなく双子などであればそのできる割合も大幅に上がります。ちまたでは2人に1人は必ずできるという説がありますが、これはほぼあっています。では妊娠線ができやすい人はどうゆう人かというと、体重増加が著しい人です。ついつい食べ過ぎてしまう傾向がある人は注意が必要です。体重が増えればそれだけお腹も大きくなります。すると、皮膚の表面も伸びる必要が出てくるので妊娠線ができるようになります。バストアップしやすい妊婦さんも胸に妊娠線ができやすいです。そして乾燥肌気味の人も妊娠線ができてしまいます。伸びにくい肌なので亀裂ができやすくひび割れてしまいます。皮下脂肪が多くても伸びにくいと言われています。妊娠線をできないように心配りをする妊婦さんは、妊娠線クリームを使っています。マッサージしながら保湿することで、皮膚が伸びやすくなります。体重が増えてふくらむのはどの妊婦さんも同じです。できやすい人は確かにいますが、できるだけ跡を残さないよう予防することは大切です。毎日少しずつお腹や胸が大きくなるように、皮膚も少しずつ伸びていきます。妊娠線クリームでマッサージを毎日していけば、線ができるのを最小限に食い止めることができます。