ウーマン

妊娠線は予防できる|お腹が大きくなる前にできることとは

保湿をしっかりして予防

お腹

一番大切なのは保湿

一度皮膚にできるとずっと残ってしまい、多くの妊婦にとって悩みの種となるのが妊娠線です。この妊娠線を予防するために、一番大切なのが肌の乾燥対策です。妊娠線はお腹が大きくなったり、体重が増加することで、急激な皮膚の伸びに身体がついていくことができなくなり、真皮が裂けることによってできます。十分に皮膚が柔らかく伸びる状態であれば、真皮が裂けるリスクも少なくなりますが、肌が乾燥してしまうと皮膚が伸びにくくなり、妊娠線が出現しやすくなってしまいます。しっかりと肌に水分を与えてあげることで、妊娠線ができにくくなります。特に秋や冬はただでさえ肌の乾燥が気になる時期なので、普段よりも念入りに保湿をしなければなりません。妊娠線を予防するためには、専用のクリームやオイルが効果的です。妊娠中は化粧品の成分も非常に気になるものですが、妊娠線予防クリームは妊婦のために作られているものなので、肌に優しい成分でできており安心して使用できます。伸びも良く、肌への浸透力も高いので、肌の表面に水分を与えるだけでなく、内側にも潤いを補給することができます。毎日、継続して保湿を続けることが大切です。数日くらいなら大丈夫だろうと、ケアを怠ってしまうとその間に妊娠線がいつの間にかできてしまう場合もあります。一度くっきり赤い縦線が身体に現れてしまうと、完全に消すことはとても難しいので、後悔しないように日頃から予防をしっかりとしておきましょう。